高野人母美 浮世離れの鈍感力とは?モデルボクサーの現在がヤバい!

スポーツ

高野人母美 浮世離れが話題になっています。

9等身モデルボクサーとして知られる高野人母美さんの現在の様子が注目されています。

高野人母美さんの浮世離れの鈍感力とはどういことなのでしょうか?

今回の記事では「高野人母美 浮世離れ」についてお届けします。

スポンサーリンク

高野人母美 浮世離れの詳細記事

ボクサーの浮世離れ?

鈍感力ってどういう事なのかしら?

 

9等身モデルボクサーとして女子ボクシング界にその美貌で話題なった高野人母美さんの現在の様子が余りにも浮世離れなのだと話題になっています。

いったい高野人母美さんの何が浮世離れなのでしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomomi Takano(@tomomitakano7)がシェアした投稿

 

まずは「高野人母美 浮世離れ」について報道された記事を見てみましょう。

よく晴れた日曜の昼下がり。コロナ自粛による運動不足を解消しようと東京・世田谷区の砧公園周辺をサイクリングしていると、かつて、9頭身モデルボクサーとして話題を振りまいた高野人母美が、森の向こうからハアハア言いながら走ってきた。マスクをしていたが、日本人離れのスタイルですぐ分かる。以前、何度も取材したこともあるし、知らない仲ではない。すれちがいざま声をかけてみる。

あれえ、高野さん!?

「あれえ、竹下さん? なにしてんですか? 」見れば分かるでしょ!? サイクリングだよ。そっちは?

「トレーニング。私、ボクサーですから。最近、気付いたんです。私のパンチ、強いなと。当たったら、相手気絶するよなと。ふふふ。今日は、タイアンキチビ(大安吉日)。このあと、お世話になった山上ジムの山上会長の家にお邪魔して、仏前に手を合わして来ようと思って。生前、会長と交わした世界王者になるという約束を果たしてないので。この公園は、昔、よく会長と待ち合わせて、走ってたから。原点に戻ろうと思って来ました。ほら、タイアンキチビ(2度目)だから」

あのー、それを言うなら、タイアンキチジツでは?

「あ!? そうとも、言いますが、テヘヘヘ…」

高野は屈託なく笑った。いきなりの高野ワールドさく裂である。それにしても、引退したと思い込んでいただけに現役続行宣言は意外であり、うれしかった。

ご存じの方も多いと思うが、おさらい。高野が9頭身のモデルボクサーとしてデビューしたのが、2013年4月。奇抜な言動と計量パフォーマンスで話題をまいた。ボクサーとしてもOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者まで登り詰め、世界王座にも挑戦。紆余(うよ)曲折を経て、2017年11月に山上ジムから移籍した協栄ジムを辞め、引退。モデルとして所属していた事務所も飛び出して、単身海を渡る。根っから自由人。その行動も予測不能。ロスではあのパッキャオも汗を流す有名ジムで修業を積んだ。

メキシコにも足を伸ばし、女子ボクシングのスーパースターで、今も世界に君臨するマリアナ・フアレスの自宅に泊まらせてもらい、約40日間寝食をともにした。フィリピンでも試合をした。現地でのファイトマネーとスポンサーのギャラはあるが、滞在費は自腹。ハングリーで孤独。行動力だけで突き進んだ。その間、自身2度目の世界王座に挑むが、厚い壁に阻まれた。そして、昨年12月、2年2カ月ぶりに日本復帰し、緑ジムから再デビュー。判定勝利を収めたものの精彩を欠き、酷評された。ポキッ…。張り詰めた心が音を立てて折れた。

「もう、ボクシングは辞めよう」。遠くでクリスマスソングを聞きながら、高野は当てのない自分探しの一人旅に出た。古代エジプトに触れたくなって、エジプトに飛んだ。そして、ドバイ。さらに、中国。グアム…。屋久島の縄文杉も見に行った。しかし、答えはどこにもなかった。そして、やっぱり、戻ってきたボクシング。昨年9月に他界した故・山上哲也会長(享年77)との約束を思い出し、思い出の砧公園にやってきた。そこで、なんの因果か、私と再会した。

まだまだベイビー。そしてこれからの伸びるはず

失礼ながら、おいくつにおなりですか?

「32です。でも、もうすぐ、33」

33? 年齢的にどうなの? ボクサーとして。結構、きついのでは?

「なあに言ってんですかあ? 人生百年時代ですよ。私なんか、まだまだ、ベイビーですよ。筋力もテクニックもメンタルも今が最高。そして、これからも伸びるはず」

旅の途中、世界はコロナの渦にのみ込まれた。しかし、テレビも新聞も見ない高野はここで鈍感力をいかんなく発揮。コロナのことをはっきり認識したのが、4日前だと真顔で言った。ウソでしょ!? 緊急事態宣言も解除されようとしているのに今頃ですか? いくらなんでも、にわかに信じられないが、浮世離れした高野ならあり得る。練習用具の入ったバッグの中から音楽が流れるキンキラキンのマイクを取り出して、公園の中で浜崎あゆみを歌い出した。

約3秒のミニコンサート。通りすがりの家族連れが何ごとかと振り向くと、舌をペロリと出し、マイクをしまった。やることなすこと、突拍子もない。おちゃめなエンタテナー。でも、これが、高野。世間の常識とかどう見られたいかより、自分がどうしたいか、どうありたいか。教科書もない、答えもない劇的な生き方。自分の心に忠実に生きて、散々、遠回りして、スッタモンダして今、私の目の前にいる。

なりゆきで始めた約30分の緊急インタビュー。「竹下さんは、お酒飲めますか? 私が世界王者になったら、飲みに行きましょうよ」と高野から突然のお誘いを受けた。私も、ぜひ、そうしよう、と言った。内心、世界の夢は、むらっ気のある高野のことだからいささか心もとないと思った。また、フラリとどっか旅に出ちゃうんじゃないかという、一抹の不安が脳裏をよぎる。でも、諦めない限り可能性はあるはずである。私は再会を約束してバイクをこぎ出した。その時、砧の森の小鳥がチュンと鳴いた―。

スポンサーリンク

高野人母美 動画

現役時代(?)の高野人母美さんの動画を見てみましょう。

 

こちらは高野人母美さんの試合の動画です。

スポンサーリンク

高野人母美 浮世離れのネットの反応は?

高野人母美 浮世離れについてネットのコメントを見て見ましょう。

本人は豪快で破茶滅茶を演じているつもりだろうが、世間一般のいわゆる大人からみたら学生レベルの幼稚な行動や言動。
見ていて痛さを感じる
本当の山奥で山菜を採って生活でもしてない限り、この人出の無さと、ほとんどの店が閉まってる異状な状態に気付きますよ。
なんか、この記事なのか本人の発言なのか、かなり矛盾してますね。
新聞テレビは見ないとしても、会話する相手もおらんのか?
買い物は元々パルシステム的なものを利用してて、広い自宅や山小屋でほとんど外界と連絡取らず黙々とトレーニングしてたってことですかね?
携帯もいじらない?知らずにってのは日本ではは思いますが兎に角この数ヶ月間山梨帰省の方みたいな振る舞いをしてないことを祈ります。
以前、高野人母美の記事をたまたま見かけたが、
トレーナーを務めた亀田興毅曰く
パンチ力はあるらしい。
ただ試合本番の映像を見る限りでは
線が細く、上下の打ち分けにも乏しく
あるハズのパンチ力も感じない。確かに今年33歳で老け込む年齢では無いが、
そんなに伸びしろも無いかも。
でも試合前計量でのコスプレで
話題を提供してくれるだけでも存在価値はある。
4日前にコロナ知るのは、やべぇだろ
人里離れた場所に住んでない限り
知らないように努力しても難しいぞ
ある意味すごいね
色々な人が居るから、コロナ云々は信じるとしても、この広い東京で、偶然会ったは、かなりつらいかと思う。普通の取材だろ?それともストーカーか?
スポンサーリンク

高野人母美 浮世離れのおわりに

今回の記事では「高野人母美 浮世離れ」についてお届けいたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました