凪良ゆう 壮絶な生活とは?BLから一般文芸で開花した腐女子作家?

社会

ボーイズラブ(BL)小説の作家、凪良ゆう先生が

一般文芸作品で本屋大賞を受賞して話題になっています。

凪良ゆう先生の壮絶な生活とはどのような生活だったのでしょうか?

今回の記事では凪良ゆう先生の壮絶な生活をお届けします。

スポンサーリンク

凪良ゆう 壮絶な生活の詳細

 

ボーイズラブ(BL)小説の書き手が一般小説で大賞を受賞

このニュースはある界隈では衝撃を与えていたようです。

ボーイズラブ(BL)小説の書き手として10年以上のキャリアを持つ作家が、一般文芸作品で本屋大賞を受賞した。このニュースが、ちまたをざわつかせている。「どうしてBL作家に?」「BLを書いていた人の一般文芸ってどんな感じ?」「BLはもう卒業してしまうの?」――一躍その名を知られることとなった作家・凪良ゆうとは、果たしてどんな人物なのか。

「BLはジャンルとしては大きくないんですが、とても濃いファンがついてくれる嬉しいジャンルでもあるんですよ。一般文芸を書いたことでBLから離れてしまうかもと心配された読者さんもいましたが、愛ゆえだと思うと、それもありがたいですね」

一般文芸界ではルーキーともいえる凪良ゆう。今年の本屋大賞で、その名を初めて知ったという人も多いかもしれない。ボーイズラブ(BL)というジャンルで、男性同士の恋愛ストーリーを長く書き続けてきた作家だ。これまでに発表したBL作品は40冊以上、キャリアは10年を超えている。熱狂的なファンも多い。

「BLは恋愛が主体のジャンルなので、メインテーマは恋愛と決まってます。あと少女漫画と少し重なるところがあって、主役ふたりを完全な悪人にはしないとか、最後はハッピーエンドとかいろいろ約束事がありますね。でも私は新人のころから王道から外れ気味で、『ああ、もうこの人にBLの王道を書かせるのは無理だ』って編集さんから諦められた感があって、なので最低限の約束事は守りつつ、好きに書いてきました」

BLにおける「王道」とは、幸せな感じに満ちた、甘いストーリーのこと。BLファンの多くは、安心して恋愛ストーリーに耽溺できる王道を支持しつつも、それぞれに細かな好みがある。最近は、BLを好む“腐男子”も増えてきたというが。

「どこまで自分の好みに合っているか、というところをリサーチしてから本を買う人は多いように感じます。たとえば一途な恋愛が好きな読者さんは三角関係ものは避けるし、甘いロマンティックな恋模様が好きな読者さんはつらい展開のものは避けるとか。だから読者さんが地雷を踏まないように、出版社が書くあらすじも、そこまでネタバレしちゃう? ということがたまにありますね(笑)」

一般文芸を書き始めることで、「約束事」に縛られることなく、何でも自由に書くことができる喜びを得た。

「最初はちょっと、戸惑いました。太平洋の真ん中にドボンと落とされて、目指すべき島影も見えない感じ(笑)。不安でしたけど、主人公が女性でも子供でも老人でもいいし、テーマが恋愛でなくてもいい。日常のちょっとしたことでも社会問題でも、思うままに書きたいことが書けるのは作家として当然楽しいです。とはいえ、BLが不自由だと言ってるわけではないですよ。BLにはBLでしか書けない楽しさがある。現実ではあり得ないロマンティックな展開も照れることなく書けるし、夢があふれたジャンルだと思います」

人間関係の精緻な描写。凪良は稀有な才能の持ち主だと、本屋大賞を受賞した『流浪の月』(東京創元社)の編集担当者、桂島浩輔は言う。

「凪良さん初の非BL作品『神さまのビオトープ』を最初に読んで、大変な実力だ、と。それから、全BL作品を読んだんですが、芯のところは全く同じだと感じました。どの作品も、人間関係がすごく丁寧に書かれているんです。この方は、人間関係をよく観察しているんだな、だから、一般文芸を書いても絶対に大成する、と確信しました」

 

凪良ゆう先生はツイッターで次のようにコメントしています。


どうやら

BLの卒業も飛び出したわけではないようですね。

 

スポンサーリンク

凪良ゆう プロフィール

いったい凪良ゆう先生とはどの様な人物なのでしょうか?

  • 名前:凪良ゆう(なぎら ゆう)
  • 生年月日:1973年1月25日
  • 年齢:47歳(2020年4月現在)
  • 出身地:滋賀県

 

 

凪良ゆう先生が本屋大賞の受賞した動画


本屋大賞だけではなくBLアワード2020で小説部門でも1位をとっていたようです。

スポンサーリンク

凪良ゆう 壮絶な生活のネットの反応は?

凪良ゆう 壮絶な生活ついてネットの反応はどうなのでしょうか?

LだろうがGだろうがBだろうがTだろうが何を題材にしても面白ければ芸術として認められているのはいいことですね
内容が素晴らしいから評価されたのでは?素直に祝福するのが普通だと思います。
ひとえに持って生まれた才能なんでしょうね。ここまでのめりこめて、かつ評価もつき、商業的にも成功している。側から見たらしんどそうに思える生活だけど、本人は幸せだと思う。健康には気をつけて欲しいけど。
BLは属性に拘るの人が多いので(年下攻しかダメとか受のゲイ設定ダメとか筋肉が好きとか中性的なのが好きとか)、下手くそでも売れるので玉石混交がハンパないのよね。生涯で700冊位はBL小説読んでるけど、たまにすげーーー下手な人いる。
凪良さんはBL界では有名売れっ子作家なので何冊か読んだけど、普通に文章が上手いし話は面白かったがあまり特定の萌え属性を持って書いてる感じはしなかったので一般のが良いのかもね。
椹野道流さんとかジャンル関係なく活躍されている方もいるし、そういう方はやはり文章が上手く話そのものが面白い。面白いというか一定以上のクオリティがある。
自分も10年以上趣味で小説を書いていますが、創作って最初はめちゃくちゃ楽しい。もう本当にずっと、永遠に、書いていたいと思える。
でもそれを持続させられるのは才能だし、そういう人こそまさに物書きなんでしょうね。今は休み休みが楽しいです(笑)
王道から外れてる?BL編集は何を言っているのだろう。そりゃ売り上げ第一かもしれないけど、最近のBL作家さんはみんな似たり寄ったりで個性がないと感じていた中で、凪良ゆう先生は数少ない個性派。読ませるBLを書く作家さんです。
もちろん全作品持ってます。
読み終わった後にじんわりくる、印象深い作品ばかりです。
どの作品もいいんだけど、個人的には「美しい彼」とか「天水桃綺譚」とか「闇を呼ぶ声 -周と西門-」が好きです。泣けるんですよ~。
特に後者はまだ続きものなので、今後BL作品を書いてくれるのか・・・心配です。
先生の書きたい世界を、思うように書いてほしいです。一般書籍でもBLでも次回作楽しみにしています!!
凪良ゆうさんの本、他のBL作家さんより、人物の描き方や心理描写が凄く良いです。
未完成、何度リピしたか!批判する前に読んでみて欲しい!
スポンサーリンク

凪良ゆう 壮絶な生活のまとめ

BLでも一般小説でも面白いから評価されるのではないでしょうか。

凪良ゆう先生は作家として素晴らしい才能にあふれているのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました