黒島結菜 魅力がヤバい!戦国を駆けるアシガールで魅力全開

芸能

NHKのドラマ「アシガール」での黒島結菜さんが魅力だと話題になっています。

いったいどんなドラマなのでしょうか?

今回の記事では「黒島結菜 魅力」についてお届けします。

スポンサーリンク

黒島結菜 魅力の詳細

NHKのドラマ「アシガール」に出演している黒島結菜さんの魅力が凄いと話題になっています。

まずは「黒島結菜 魅力」について報道された記事を見てみましょう。

「私が若君様を守ります!」。女子高校生が、好きな相手を守りたいと全力で突き進む。そんな全力ヒロインを黒島結菜が演じるタイムスリップ・ラブコメディ『アシガール』(NHK総合)が好評だ。森本梢子の少女コミックを原作に、2017年にNHK総合テレビで放送された連続ドラマであり、評判を集めて1年後にはスペシャルドラマ版が放送された人気作。現在、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の放送延期を受けて、連続ドラマ版が4月17日より再放送中である。

【写真】若君役の伊藤健太郎

足の速さだけがとりえのおかっぱ頭の女子高校生・速川唯は、ある満月の夜、発明好きの弟が造ったタイムマシンを、そうとは知らずに起動させて戦国時代にタイムスリップしてしまう。足軽の唯之助として紛れ込んだ唯は、黒羽城の若君・忠清(伊藤健太郎)に一目ぼれ。女の身であることを隠したまま、愛する若君を守るために“アシガール”となって乱世を駆けめぐる!

 

スポンサーリンク

黒島結菜 魅力のアシガールとは?

黒島結菜さんが魅力だというアシガールどんなドラマなのでしょうか?

ますはアシガールの動画を見てみましょう。

現在、第3話まで放送され、5月8日には第4話が放送予定。凛々しい若君を演じきった伊藤健太郎の人気もさることながら、唯を演じる黒島に共感と応援の声が上がっており、17年放送当時に増して支持が強まっている。第3話で現代に戻った唯は、若君がまもなく合戦で命を落とすとの歴史を知り、「若君様を守るのだ!」と再び戦国へ。足軽となって戦へと出発するも、「これが戦……」と、実際に人が斬り合う様を目の当たりにして気を失ってしまった。ラブコメディの本作だが、戦国の世をきっちり描けるNHKだからこその、タイムスリップ物語への没入感を与えてくれた。

第4話では、唯が女の姿で若君と対面する待ちに待ったドキドキシーンへと突入。戦勝の宴の宵で、地元の豪士の娘・ふき(中村静香)が若君に一晩仕えると聞き、いても立ってもいられなくなった唯は、芝居一座の女形・あやめ(森優作)の力を借りて、ふきになり替わり、若君の閨(ねや)へ忍び込むことに成功する。いい面も悪い面も含めて(食べ物にがめつかったり、嫉妬心をむき出しにしたり)、まっすぐで馬鹿正直な唯。その視線の先には常に、凛々しい若君の姿がある。純粋さゆえではあるが、「若君様~!」と、とにもかくにも猪突猛進な姿は、一歩間違えば嫌われかねない。今後、登場してくる、忠清との婚約話が進行中の松丸家の姫・阿湖(川栄李奈)も、主人公のライバルにも関わらず、清廉にして健気な姫で突きどころがなく、応援してもらわねばならない主人公の唯にとっては手ごわい相手。突飛な設定も、キャラクターも、コミックでは成立していたものが、生身の人間が演じるには実はなかなかにハードルの高い素材なのである。

本ドラマは、擦り傷もいとわず土で真っ黒になりながら山林を駆け、お腹を空かせて大根をかじり、その都度、感情をダダ洩れにしながら、「シャッ!」と気合を入れて邁進する唯をしっかり応援したくなる。これには黒島の体当たり演技の貢献が大きい。澄んだ瞳と意志の強そうな眉が魅力的で、なおかつ、周囲の心を柔らかく溶かし、若君こそが唯を守りたくなる可憐さを持ち合わせる。黒島の持ち前の瑞々しい魅力が十分に生かされ、その嫌味のなさが、同性からの支持へと繋がった。

スポンサーリンク

黒島結菜とは?

アシガールで魅力的な演技をしている黒島結菜さんとはどんな女優なのでしょうか?

  • 名前:黒島 結菜(くろしま ゆいな)
  • 生年月日: 1997年3月15日 (年齢 23歳)
  • 生まれ: 沖縄県
  • 身長: 162 cm
  • 事務所: ソニー・ミュージックアーティスツ
  • 血液型: A型

 

 現在23歳の黒島は、2012年より芸能活動を開始し、14年に連続ドラマに初出演した柳楽優弥主演、福田雄一演出の『アオイホノオ』(テレビ東京系)で早くも存在感を発揮。翌年、映画『あしたになれば。』で映画初主演を果たした(小関裕太とのW主演)。16年に『時をかける少女』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演。20歳で当たり役となった『アシガール』の主演へと至った。昨年、今年と、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)での村田富江役、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)で話題を集めた松永三津役と好演を続けるNHKとの相性も良い。

1996、97年生まれの同世代女優には、池田エライザ、三吉彩花、中条あやみ、杉咲花、松本穂香らがおり、それぞれに個性を放っているが、黒島の持つ親しみやすさと爽やかさは独自のポジションを築いている。現在、『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京系)が放送中で、夏には『呪怨:呪いの家』(Netflix)が控える黒島。まだ23歳、役の幅も広がるこの先、その年齢になったからこそ似合う役でも楽しませてくれるに違いない。その前に、この機会に今は、唯と一緒に若君のカッコよさに目をハートにしながら、『アシガール』の世界にどっぷり浸ろう。

スポンサーリンク

黒島結菜 魅力のネットの反応は?

黒島結菜 魅力ついてネットの反応はどうなのでしょうか?

アシガールに出会って2年余り、何十回と見たけれど、見飽きることがない、いつも幸せな気持ちにしてくれるドラマです。
黒島結菜さんの体当たりの演技は、唯の一生懸命さと重なります。
もっとたくさんの方に見てもらいたいと思っていたので、今回の再放送、うれしかったです。
今夜は4話、神回です。
新型ウィルス禍の危機的な中、民放各局は未だにニュースのワイドショーをああでもない、こうでもないと無駄な制作体力を使っている。もういい加減にあの種番組は休止し、本作のような良質なドラマの再放送を行うと良い。その方がなんぼか自粛の主旨に沿うと思うのだが。
初回放送に何故かどっぷりハマってしまったオッサンです
戦国シーンはしっかり描きながらも、SFシーンはとんでもなくチープという、バランス感が絶妙でした。
キャンキャン騒がしいヒロインは一歩間違うとウザさが出るところ、役者さんのキャラと共演者の力量がいい塩梅で演出されていると思います
ドラマのスタートで、あまりに普通の女の子過ぎてどの人が主人公か分からないほどだったんだけど、タイムスリップして時代劇の炎に照らされた一瞬で黒島結菜のシャープな顔が映り唖然としました。見事な演出でした。
後はコミック世界を疾走。CMの横顔に魅せられずっと気になっていた黒島の出世作の意味が分かります。
キャラクターに俳優さんたちがはまっているのもすごいです。原作漫画が面白いです。「高台家の人々」も映画になりました。
NHKらしからぬ佳作だと思う。録画して永久保存版にしてます。
なんといっても若君がかっこよかった(笑)
もちろん唯を演じる黒島さんもかわいいいんですけどね。
これを見た後、原作を読みましたが、原作の面白さは次元が違う・・・。
・・・すみません。
もちろん、ドラマはドラマでとっても良いんですよ。
あの「ごくせん」を描いた森本先生ですものね。面白くないわけがない!!
そえにしても、若君を演じる伊藤健太郎さんの若君っぷりのすばらしいこと。
リアルにマンガから抜け出たようです。話は変わりますが、現在、NHKで放送されている「いいね!光源氏くん」。
こちらの光源氏は千葉雄大さん。あのマンガのキャラクターから千葉さんを
オファーするのってすごいなって思いました。

違ってもあり、似ててもあり、なんだかすごいです。
ちなみに伊藤健太郎さんのNHKでの使い方、結構好きです。
「LIFE」のステーキ屋さん、大爆笑しました。

スポンサーリンク

黒島結菜 魅力のおわりに

今回の記事では「黒島結菜 魅力」についてお届けいたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました