貫地谷しほり 仕事観がスゴイ!30代を迎えてからの変化とは?

芸能

貫地谷しほりさんが語る仕事観が話題になっています。

貫地谷しほりさんはどのような演技に対する考えをもっているのでしょうか?

今回の記事では「貫地谷しほり 仕事観」についてお届けします。

スポンサーリンク

貫地谷しほり 仕事観の詳細

女優・貫地谷しほりさんが語る仕事との向き合い方とはいったいどのようなものなのでしょうか?

まずは「貫地谷しほり 仕事観」について報道された記事を見てみましょう。

カットの声が響くと、即座にモニターの前に行き、真剣な表情で演技を確認する。張りつめた空気の中、貫地谷しほり(34)はドラマの撮影に挑んでいた。主演ドラマ『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(放送日未定・NHK)では、悪質なクレーマー患者に悩まされながらも成長していく内科医を演じる。

【写真】床に倒れながら全身で演じる貫地谷しほり

「本当にこんな酷い患者さんがいるのかなって思うシーンがいくつもあるんです。でも医療監修の先生は『いいですねー、こういう人います』とおっしゃるので、もうびっくり(笑い)。日々、医療現場の過酷さを感じています」

芸能界に入ったきっかけは、スカウトだった。当時中学生だった貫地谷は、歌手と女優の違いさえわからなかったと話す。

「仕事を始めてからドラマを見るようになったくらい、芸能界に疎かったんですよ。小柄だからモデルは無理だし歌も歌えないけど、女優なら努力すればなれるかもしれないと、消去法で決めた感じで(笑い)。甘い考えでしたね」

気さくに笑顔で話しながらも凛とした空気をまとい、女優としての揺るぎない自信と意志の強さを感じさせる。だが、昔からそうだったわけではない。自らを「勉強や運動が特別できたわけでもなくて、人に褒められることがない子だった」と振り返る。

「初めて褒められたのがお芝居だったんです。伊藤正次演劇研究所(現:Ito M studio)でお芝居を学んでいた高校生の頃、伊藤先生から『演技は大丈夫。それよりも女優になるんだから、下を見ずに人にどう顔を見せるかを考えなさい』と言っていただいた。褒められたと思った私は嬉しくて、そこから私にもできるかもしれないと自信を持てるようになったんです」

2004年に映画『スウィングガールズ』で注目されると、2007年には大河ドラマ『風林火山』に出演。同年、連続テレビ小説『ちりとてちん』ではヒロインを務めた。

「朝ドラは何度もオーディションに落ちていて、最後のつもりで受けたらまさかの合格。両親はテレビを買い替えていました(笑い)。『あの貫地谷が朝ドラヒロインになった』って泣いてくださった先輩もいて、周りが喜んでくれたことのほうが嬉しかった」

そこからは、映画、ドラマ、舞台と夢中で駆け抜けてきた。そんな貫地谷も30代を迎えてから、仕事との向き合い方に変化が生まれたと言う。

「20代はスケジュールさえ合えば、どんなに忙しくても仕事を入れていたんです。ドラマのプロデューサーさんから『借金でもあるの?』と言われたことがあるくらい(笑い)。でも今は、昔はできなかった私生活を充実させたいという想いが強いです。ご飯を作り洗濯をして、友達と遊びに行くといった普通の生活も経験したい。それはいずれ私の人格形成に繋がって、お芝居に返ってくるはずだから」

そんな貫地谷の目標は、女優であることを意識しないように生きることだ。

「この世界に長くいると、 例えば“壁ドン”されてキュンとする感情も忘れそうになるし、かっこいい俳優さんさえも見慣れちゃう。でも基本的に、私が演じるのはどこにでもいる普通の人。芝居には素の自分が表われるものなので、何事も常に新鮮に感じられるように、普通のことを当たり前に思える感覚を大切にしなきゃと思うんです」

昨年秋には一般男性と結婚し、自然と家族と過ごす時間が増えた。

「お互いの両親同士がとても仲良しで、休みの日はよく一緒に食事をしています。次はみんなで何を食べよう、どのお酒を飲もうかと考えるのが最近の楽しみ。今の私にとってはこうした日常が、自分を成長させる大切な時間です」

【PROFILE】かんじや・しほり/1985年、東京都出身。2002年、映画デビュー。2004年、映画『スウィングガールズ』で注目を集め、2007年にはNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』で初主演を務める。映画、ドラマ、舞台などに数多く出演し、『プロフェッショナル仕事の流儀』などでナレーターとしても活躍。NHKドラマ10『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』(放送日未定)に出演予定。

スポンサーリンク

貫地谷しほり 動画

貫地谷しほりさんの動画をご覧ください。

 

スポンサーリンク

貫地谷しほり 仕事観のネットの反応は?

貫地谷しほり 仕事観ついてネットの反応はどうなのでしょうか?

いまだに苗字の読み方に詰まるけど、良い女優さん。最近はヤマダ電機のCMがすごく可愛い。

貫地谷さんが知的障害を持つ娘役で、竹中直人が父親役の「くちづけ」という映画が切なかったなあ。

元は演劇作品らしいけど、本当名作。

ちりとてちんはとても面白かったです。
色褪せないですね。
好きだった。アイドルや女優が結婚したと聞くと全く関心が向かなくなるなあ。 笑
若い頃は田中将大に似てた
僕にとっては龍馬伝のおさな様。
゛剣客商売゛のおはる役で、演技の上手さに驚きました。
更なる成長に期待します!
スポンサーリンク

貫地谷しほり 仕事観のおわりに

現在は30代になった貫地谷しほりさんが語った仕事観は普通の感覚を大切にしている事でした。

今後、歳を重ねていく貫地谷しほりさんがどの様な女優になってくのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました