香川真司 移籍報道がヤバい!期待外れでサラゴサをクビ?

スポーツ

サッカー日本代表の香川真司選手に移籍報道が報じられ話題になっています。

今回の記事では「香川真司 移籍報道」についてお届けします。

スポンサーリンク

香川真司 移籍報道の詳細

新型コロナウイルスの感染拡大で各国リーグが中断や打ち切りされているなか

驚きのニュースが飛び込んできました。

香川真司選手が来季、米国もしくはカタールに移籍する可能性があると報道されています。

まずは「香川真司 移籍報道」について報道された記事を見てみましょう。

スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司(31)が来季、米国もしくはカタールに移籍する可能性が浮上しているとスペイン紙アスが7日に報じた。

【写真】相合い傘の現場を撮影される香川と長友

昨年夏、サラゴサに入団した香川の契約期間について、クラブは2年契約の2021年6月30日までと公表している一方、同紙はサラゴサが1部に昇格した場合、契約が自動的に1年間延長される条項が含まれていることを明かしている。

しかし、2つの理由により、香川の将来がサラゴサではなく、米MLS(メジャーリーグサッカー)やカタール・リーグにあることも伝えている。

スポンサーリンク

香川真司 移籍の2つの理由とは?

1つ目の理由として、香川がスター選手として迎えられたものの、期待されたようなパフォーマンスを見せられていないこと、そしてクラブが新たにプアードを獲得したことにより、現在はスタメン落ちしていることを挙げている。

そして2つ目の理由に、高額な年俸がネックになることを挙げている。香川は現在、チームトップクラスの税込44万4000ユーロ(約5106万円)を受け取っており、さらに1部に昇格した場合、その金額は3倍に跳ね上がるという。一方、サラゴサが1部昇格を果たした場合でも、サラリーキャップ(移籍金の減価償却費及び選手年俸)は1800万ユーロ(約20億7000万円)になると推測されており、香川の高額な年俸が大きな負担になると見られている。

香川は今冬の移籍市場でMLSのコロラド・ラピッズ、FCシンシナティの2クラブからのオファーを受け取っていた。しかしサラゴサでの生活を心地よく感じているため、プレー続行を選択したが、前述した2つの理由により、わずか1年でサラゴサを離れる可能性が浮上しているのである。

香川は今季、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断されるまで、リーグ戦23試合に出場して2得点1アシストを記録。先発出場は18試合あった。

スポンサーリンク

香川真司 サラゴでのプレー動画

香川真司選手のサラゴでのプレー動画です。

 

スポンサーリンク

香川真司 移籍報道のネットの反応は?

香川真司 移籍報道ついてネットの反応はどうなのでしょうか?

セレッソは移籍金など準備して待っている。 この時勢が過ぎてもチームに金銭的余裕があるのかどうかわからないが、戻ってこれるならこのタイミングが良いんじゃないかな。

変なプライドは捨てて、どこの国でも自分を必要としてくれるチームの為にプレーするべきではないでしょうか。
やれリーガだ、プレミアだと志を高く持つのは否定しないが、現実を見るのも大事だと思う。

もう人踏ん張り!
才能を持った選手はなかなかいない!
香川頑張れ!
ろそろ帰ってきてもいいと思う。もはやワールドクラスだった頃の輝きはない
帰ってきて今の日本を明るく盛り上げて欲しい。
通用しないんだから Jリーグ戻った方がいいよ
来シーズンも居座ったら間違いなく給料泥棒扱いされるだろうな。
スポンサーリンク

香川真司 移籍報道のおわりに

今回の記事では「香川真司 移籍報道」についてお届けいたしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました