糸井重里 賛同の声に納得の理由!コロナ禍のつらさがわかった!

社会

糸井重里さんがツイッターに投稿した

コロナ禍の現状に対するツイートに賛同の声が相次いでいます。

いったいどのようなツイートをしたのでしょうか?

今回の記事では糸井重里さんへの賛同の声についてお届けします。

スポンサーリンク

糸井重里 賛同の声に納得の理由!コロナ禍のつらさがわかった!

新型コロナウイルスを現状に対する思いを

糸井重里さんがツイートした内容に賛同の声が相次いでいるようです。

糸井重里さんのツイートとはどの様な内容だったのでしょうか?

まずは「糸井重里 賛同の声」について報じられた記事を見てみましょう

コピーライターの糸井重里氏(71)が9日、自身のツイッターでコロナ禍の現状に対する思いを投稿した。

糸井氏は「わかったことがある。新型コロナウイルスのことばかり聞いているのがつらいのではなかった。ずっと、誰かが誰かを責め立てている。これを感じるのがつらいのだ」と今感じていることをつづった。

これに対し、フォロワーから「この数週間のモヤモヤした辛さと不快感の原因はこれだった!」「コロナのせいで人間同士が憎み合う構図がキツい」などと賛同する声が寄せられている。

 

スポンサーリンク

糸井重里 賛同の声

それでは賛同の声が相次いだ糸井重里さんのツイートがこちら

 

この糸井重里さんのツイートに対して次のような賛同の声が出ています。


 

スポンサーリンク

糸井重里 賛同の声のネットの反応は?

糸井重里 賛同の声ついてネットの反応はどうなのでしょうか?

職場でもご近所でも
第一号の感染者にだけはなりたくない

バラまき加害者のレッテルを貼られ
後に感染が発覚した人々は被害者‥

立ち寄った先々で閉鎖消毒騒ぎが起きてしまうと
想像するだけで恐怖です
これは暗に責められることになるのでしょうね

分かり合うのは絶対無理だし、この人はこう思う私はこう思うでもう良くないか。
自分と違う意見の人はほっとけば良いじゃん。
わざわざ突っかかりに行く意味がわかんない。
自分は人を責めると言うより身近なところで軽く人間不信だわな。
コンビニ寄っても若い店員さんちゃんと手洗ってるのかとか、夜な夜な繁華街飲みに行ってんじゃないのかとか、今まで考えもしなかった事考えてしまう。
まあ、逆に自分も同じ事思われてんだろうけど。
共感します。
また、会食をし病院内で感染が
ひろがったことに、誹謗、中傷の
電話が止まらないらしいです。

人権問題に詳しい方が、それが
起こるのは、今後感染経路をみる
のに、申告することを控えることにも
つながり、危険なことだと話されて
いました。

よってたかって責めるのではなく、
その先にあることを見据えた行動を
皆でとっていきたいと思います。

パンデミックの恐怖は以前から語られていたけど、経験したことがない以上、どこか他人事みたいに考えていたよね。
ほぼ死ぬ病気とかじゃなかったのは本当にたまたまで、苦しいけどこれを乗り越えて教訓にしていくしかないね。
若者・高齢者・子供、政府・国民、右・左、都道府県、自営・会社員…色々なところで対立構造が出来ている。

コロナは誰にでも感染するし、税金は国民全員で限りある分しか使えない。

今は自分にできること、できる我慢を最大限に頑張って『対コロナ』で戦う時なのに。

政府でも個人でもそれぞれできる事に差があるけれど、出来ないことを責め合うのではなくて補い合うことでコロナを封じ込めたい。

こうやって曖昧な言葉で多くの人を惑わして、宥めて、鎮めてきたのだろう。
思いやりや優しさは大事だけど、現実的な施策なしに事態は収束しない。
合理的な物事を嫌う人、現実を見ることを嫌う人たちに支持されているのでしょう。
「つらさ」は他の先進国が行っている施策を、日本政府が行わない事。
現実を見よう。
スポンサーリンク

糸井重里 賛同の声のまとめ

新型コロナウイルスの感染の恐怖も大きいですが、

誰かに攻め立てられる事はもっと怖いですよね。

最も怖いのはウイルスよりも人間なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました