佐藤二朗 苦言の真相は?タレントの肩書きに激怒!どこの媒体?

芸能

佐藤二朗さんがツイッターで

中日の始球式を務めることを紹介した一部媒体で

肩書を「タレント」と紹介されたことに苦言を呈したそうです。

 

スポンサーリンク

佐藤二朗 苦言の真相は?タレントの肩書きに激怒!どこの媒体?

佐藤二朗さんの苦言について次のように報道されています。

3月24日にナゴヤドームで開催される中日の本拠地開幕戦で始球式を務めることになった俳優の佐藤二朗(50)が29日、自身のツイッターで一部媒体に自身の肩書を「タレント」と紹介されたことに苦言を呈した。

3月24日にナゴヤドームで開催される中日の本拠地開幕戦で始球式を務めることになった俳優の佐藤二朗(50)が29日、自身のツイッターで一部媒体に自身の肩書を「タレント」と紹介されたことに苦言を呈した。

 

佐藤二郎さんのツイッターがこちら

 

佐藤二朗さんは俳優ですが、

クイズ番組のMCをしていたり、バラエティー番組にも出演しています。

幅広く活躍していることからタレントと表記されてしまったのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

佐藤二朗 苦言を呈した「タレント」媒体はどこ?

佐藤二朗さんの肩書ををタレントと書いたのはスポーツ紙です。

まずはスポニチの記事で確認できました。

 

日刊スポーツのツイッターアカウントでもタレントとして紹介されていました。

スポンサーリンク

佐藤二朗 苦言に対してネットの反応は?

日本では、役者でもお笑い芸人でも歌手でもない芸能人がタレントと呼ばれる傾向があるけど、本来「タレント」は才能を意味する言葉だから。
ただのテレビ芸能人をタレントというのは、個人的には違和感がある。

佐藤さんは芝居ではバイプレイヤーとして存在感があるけど、バラエティに出ても結構面白いと思います。

当日は「俳優の…」と呼び込んであげて欲しい。

佐藤さんは俳優が本業。トークや司会は「不慣れだけど一生懸命やっている」という感じなのだと思います。
強いて言うなら、現時点で、根尾昂選手を「根尾外野手」って書くスポーツ紙がほとんど無いことと近いのではないでしょうかね?

これは、タレントを見下してるとかでなく、
自分の立ち位置をどこに置いているのか等の
バックボーンって、とても大事なことだよな。
ある意味何でもできる人とも言えなくも無い。基本的に頭が良い人なんだと思う。
曲者俳優。
アクの強いキャラを演じたら、誰もかなわない
二郎さんは俳優だろ
逆に俳優って肩書でバラエティにしか出てない奴もいるけど
スポンサーリンク

佐藤二朗 苦言のまとめ

タレントという肩書を付けたメディアも悪意があったわけではないと思います。

日本ではタレントというとTVで活躍する人をさす場合が多いですよね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました